Welcome to the page in
Anjo city Museum of History.

安城市歴史博物館の施設を紹介します。

日本デンマーク

ここでは、碧海郡の人々が農業・農村振興にどう取り組んだかを、デンマークの農業と共に紹介します。


日本デンマーク

日本丁抹

  大正時代末期から昭和時代初期にかけて、安城を中心とした碧海郡は、「日本丁抹(デンマーク)」と呼ばれました。当時世界的な農業国であったデンマークの名が冠せられたのは、単に農業経営が多角的で教育・指導機関が充実し、組合組織が発達していたこと等、農業のあり方が先進的であったことだけではありませんでした。

心豊かに生きる場

 碧海郡では農村医療の改善を図るために病院を、また農民の読書に対する要望に応えて農業図書館を設立したり、地域の書店が出版活動に力を入れる等、経済的な豊かさだけではなく、人間として心豊かに生きる場としての「農村」づくりに意欲的に取り組んでいたのです。こうした活動がある程度成果をあげた地域として、当時理想の国、模範とすべき国とされていたデンマークのイメージがこの地に投影されたのではないでしょうか。


デンマーク・ブーム


戦後恐慌

  第一次世界大戦開戦の翌1915年(大正4)、いわゆる「大戦景気」が到来し、日本中が好景気に沸いた。しかしそれは長続きせず、1920年(大正9)に始まる戦後恐慌では、特に工業生産品の価格下落幅に比較して農産物価格の低落が大きく、農村の経済は悪化していった。

農村の不振

 一方、都市では労働力市場の拡大や貸金の上昇が続き、華やかな都市風俗を開花させ、農村との社会的・経済的・文化的格差はさらに大きくなっていった。このため農村部から都市部への人口の流出が増加し、農業・農村の不振・沈滞は大きな社会間題となっていた。

注目されるデンマーク

 いかにして農村を立て直し、農村振興を計るのかは、町村指導者や農業関係者の間の大きな課題となっていた。こうした中、明治時代からデンマークを紹介する書籍が出版され、特に大正時代から昭和時代にかけて顕著になり、ホルマン・那須晧訳『国民高等学校と農村文明』(1913)をはじめとして、デンマークの農業・社会・文化・教育等の実情が紹介された。また、デンマークの国民高等学校をモデルとして山形自治講習所や日本国民高等学校などが設立された。

敗戦から立ち直る小国

 こうした背景には、デンマークが戦争に破れて荒廃した国土を、短期間のうちに小国ながら豊かな農業国家へと立ち直らせたことが、当時の日本が置かれた状況を打開するための大きな指針になるという意識があったためと考えられる。「丁抹(デンマーク)」は第一次世界大戦後から昭和初期にかけての流行であり、埋想の国、模範とすべき国であったのである。

蚕種製造所
農政研究 日本の丁抹号に掲載された広告
文中の言葉から、農村振興のモデルがデンマークにもとめられていたことがわかる。

農業立国デンマーク

[ デンマーク農業のあゆみ ]

北欧の小国

 デンマークは、ドイツの北に位置するスカンジナビア三国の一国である。現在人口は511万人(大正末期では326、ドイツの北に位置するスカンジナビア三国の一国である。現在人口は511万人(大正末期では326万人)を数え、面積43,000平方キロ、北海道の約半分程度の大きさである。

苦難の歴史

 18世紀までのデンマークでは、農民は地主の下に隷属させられ、過酷な労働を強いられていた。1784年にフレゼリク6世が父王クリスティアン7世の摂政となり、農民解放・自作農化・農地改革を実行した。  1848-50年、1864年の二度にわたってプロシア、オーストリアとシュレスウィヒ州・ホルスタイン州の両州をめぐって戦争となった。この戦争に破れたデンマークは両州を失い、史上最少の領土となった。


再生と農業

  しかし、残された土地の開墾事業を行い、また従来の穀物生産から酪農へと農業形態を転換し、協同組合活動等を通じてデンマーク農業の再生に成功した。さらに産業革命によってデンマークは近代産業国家への道を歩み始めた。

現在の農業

 現在では、第一次産業(農林漁業)従事者6.8%、第二次産業(工業)従事者29.3%、第三次産業(サービス業)従事者60.6%で、国土の66%が農地となり、その内67%が穀物生産に当てられ、それをもとに牛・豚・鶏の飼育に重点がおかれている。


[ デンマーク農業の特色 ]

酪農への転換

 19世紀前半までのデンマークの主要作物は、大麦・小麦・黒麦・燕麦・牧草であったが、1870年前後から輸送・貯蔵手段の発達・低コスト化によって、アメリカ・オーストラリア・カナダ等の諸国がヨーロッパの穀物市場に参入したのを契機に穀物価格が下落したため、1870年代から80年代にかけて政府や識者の指導のもと、農業経営の比重を穀物生産主体から酪農製品主体へと転換させていった。

発達した組合組織

樽詰めされたバター
樽詰めされたバター

 デンマークの主な生産品はバター・べ一コン・鶏卵であった。これらの製品はそれぞれ組合において加工、規格の統一が図られ、イギリスを主として欧州に輸出された。こうした組合組織が発達していたことがデンマーク農業の大きな特色であった。


酪農

  酪農組合は1882年に設立されて以後著しく普及し、1920年代には1300を超え、ほぼ全ての農村に普及した。組合員は、村の製酪所に牛乳を持ち寄り、主にバターを製造する他、牛乳・チーズも生産していた。組合員への代金の支払いは信用組合または銀行口座へ振り込まれるようになっていた。

養豚

 養豚は、酪農組合でバター製造の過程で出る脱脂乳を豚の飼科に利用することで盛んに行われ、組合組織としては1887年にホーセンス豚屠殺組合が事業を開始したのがはじめである。その後既存の屠殺業者からの妨害にあいながらも次第に発達し、1915年には46組合を数えるに至り、全デンマークの85%前後の豚が組合においてべ一コンに加工されている。


鶏卵

 鶏卵販売組合は1895年に創立され、それまで十分になされていなかった品質管理を徹底し、また、卵に一定のマークと番号をつけて責任の所在を明らかにした。この結果、ロンドンにおけるデンマーク産の卵の評価は一変し、唯一の優良品といわれていたフランス産卵と同じ相場で取り引きされるようになったという。


[ 農業を支えた教育 ]


ヨーロッパ一番の教養

アスコウ国民高等学校本館
アスコウ国民高等学校本館

  デンマークの教育制度は非常に高度な水準にあり、農民は欧州において最も教養の高いとの評価があるほどであった。満7歳から7カ年の義務教育が課されており、その他に中学校、高等学校、大学があり、必要に応じて進学するこどができる。

国民高等学校

 しかし、デンマーク人が誇りにしており、かつデンマークの教育を世界に知らしめていたのは何といっても国民高等学校という制度である。国民高等学校は、グルンドウィッヒ(グルンドビー、グロンドウィ、グロントウイ等の表記もある)の創意によって設立された私立学校で、1844年に設立ざれたのを契機に20年後にはほとんど全国に普及し、1913年には79校を数えた。


国民高等学校の父グルンドウィッヒ

グルンドウィッヒ
グルンドウィッヒ

 グルンドウィッヒは、デンマークの詩人・哲学者であり歴史家・教育家でもあった。当時の学校が、ラテン語やギリシャ語の習得に熱心で、知識の偏重に傾いていたことに疑問をいだき、「我々はラテン語やギリシャ語を習わなくても、立派な教養のある人となる事ができるはずだ」と主張、学者や牧師を批判した。

後継者によって実現

 母国語を重視し、形式にとらわれない教育によって人格をはかる。そして、祖国の発展と国民の幸福を実現する場として公立の国民高等学校を創立する。この夢はグルンドウィッヒ自身の手で実現させることはできなかったが、彼の主張に共鳴したクリステン・コル等の尽力により、私立の青年教育機関として発展していった。


義務教育後の全寮制

 義務教育を終えて実社会に数年間出た二十歳前後の青年が主な対象であり、多くは農村部出身の子女である。期間は男子が11月から3月までの5カ月間、女子は5月から7月までの3カ月間、全寮制で教育を受けるのが一般的で、校風や校長の人格等によって学校を選択することができた。

農業関連科目よりも国語や歴史が中心

 授業は、午前8時から午後6時まで、2時間の休憩をはさんで行われ、週2日位は夕食後に朗読・講演・体操等が催される。科目は農業に関連した実利的な謀程というよりも、国語・歴史を中心に、地理・数学・体操・唱歌等の学科が教えられ、人格教育を第一とする学校であった。


「日本丁抹」と呼ばれる

最初は大正12年?

 「日本デンマーク」という言葉がいつ、誰によって使われ出したかについては判然としない。『汗堂回想録』(岩瀬和市1975)によれば大阪毎日新聞に掲載されたのを始まりであるとし、『郷土研究愛知県地誌』によると1923年(大正12)に日本丁抹という名で紹介されたとある。しかし、いずれも確認されていない。

確認できる最古の「日本丁抹」

 また、1925年(大正14)12月発行の『安城農報』24号では、巻頭に愛知県立農事試験場長上野操の「新任の辞」が掲載され、その中で、「本県は、(中略)今や日本のデンマークであるとまで賛美絶叫せらるるにいたりました。」と述べられている。これは必ずしも主語が碧海郡ではないが、『安城農報』の発行事情から考えて、この地を意識していることは十分考えられる。


はじめは「日本のデンマーク」

 1926年(大正15)5月発行の『農政研究』は、日本の丁抹号と銘打たれ、碧海郡の農業が待集されている。この頃には「日本のデンマーク」という言葉が定着していたことがわかる。初期のものには、日本のデンマークというように、「の」がつけられていたようである。

「デンマーク」にこめられた理想

 日本では貧しく虐げられがちであった農村・農民が、デンマークにおいては人間としで豊かな生を実現する場として農村が機能しており、一種の理想とすべき国と映っていた。
 「日本デンマーク」という名前には、日本において農村問題の解決・農村振興という課題をどのように解決すべきであるかを模索している中にあって、農村を人間らしく生きる場とすることに取り組み、ある程度それを形にしつつあった碧海郡に、理想の国デンマークの姿を投影させて見ようという意味が込められていた。


『農政研究』日本丁抹號

『農政研究』 日本の丁抹号
『農政研究』 日本の丁抹号

 1926年(大正15)に発行された特集号で、通常120~130頁の月刊誌であるが、この号に限って180頁を費やして待集されている。このため定価は50銭のところ70銭となっている。その多くは、碧海郡が「理想郷」となった原動力として教育の力を重要視している。

山崎延吉=グルンドウィッヒ

 この特集号では山崎延吉の活動を評価する記事が目立つ。編集者の古瀬博蔵は「日本の丁抹と日本のグルンドイッヒ」と題して執筆し、山崎延吉をデンマークの国民高等学校の創立者であるグルンドウィッヒになぞらえて評価している。なお、本文中に財団法人農村文化協会が碧海郡の一般を活動写真で撮影して紹介し、「全日本を丁抹化すべく計画中」とある。