Welcome to the page in
Anjo city Museum of History.

安城市歴史博物館の施設を紹介します。

三河万歳


三河万歳

  万歳は「新しい年がよい年であるように」との願いを、言祝ぎ(言祝ぎ=寿)のセリフにこめて舞う正月の祝福芸です。太夫たゆう才蔵さいぞうのコンビがかわす、めでたくもおどけた言葉が、人々の笑いをさそい、そこに「福」がやってくると考えられていたのです。安城市の東別所町・西別所町は、この万歳師たちの本拠地のひとつでした。


全国各地の万歳

 万歳の歴史は古く、平安時代の宮中で行われた千秋万歳せんずまんざいにまでさかのぼるといわれています。室町時代には民家をまわるようになり、江戸時代には都やその周辺だけでなく、各地に万歳師たちの拠点ができていました。
 三河には安城の別所、西尾の森下、小坂井町の宿に万歳師たちの集団がありました。さらに三河の他にも、大和(奈良県)、越前(福井県)、加賀(石川県)、尾張(愛知県)、伊予(愛媛県)、秋田(秋田県)、会津(福島県)など、東北地方から沖縄にいたるまで、さまざまな万歳がありました。

江戸で活躍

 三河の万歳は、その松平氏のころから徳川家にも出入りした伝えられ、江戸城や大名屋敷の座敷にあがり舞うことをゆるされていました。このことから、地元の三河よりもむしろ江戸で大いにもてはやされたようです。江戸では「万歳」といえば、それは三河万歳のことを指すほどでした。
 もともと万歳は、家々の玄関先や門のあたりで舞う「門付けかどつけ」が普通ですが、ごく一部には座敷に上がりこむことをゆるされていたグループもありました。三河の万歳は不特定多数の家々をまわる門付けよりも、檀那場だんなばをまわる座敷万歳が主流だったといわれています。こうした一種の格式が、さらに三河万歳の人気を高めていったのかもしれません。

その後の万歳

 明治になると、万歳の立場も大きくかわりました。三河万歳は神道的な宗教色を強め、いっそう格調高いものに変化しました。これとは対照的に尾張万歳の系統は、舞台芸能としての性格を強くうちだし、庶民的な要素が拡大しました。
 このにぎやかな尾張万歳を習い、関西の演芸としてとりいれたのが、漫才のパイオニア玉子家円辰たまごやえんたつです。現在漫才にみられるボケとツッコミのコンビは、万歳の才蔵と太夫が言葉をかわすスタイルを受けついだものといえるでしょう。