展覧会



光の水族館
久野和洋
≪地の風景・陽の入る刻≫

「心が見た風景-心に残る風景、心に描く風景-」

会期:平成29年9月29日(金) ~ 10月8日(日)

〔開館時間〕 9:00〜17:00(最終日は~16:00)
〔観 覧 料〕 無料

〔 会  場 〕 安城市民ギャラリー展示室 D・E室

 これまで安城市では、地元ゆかりの美術作家の作品を収集してきました。本展では、「心に残る風景、心に描く風景」をテーマに、市民ギャラリーコレクションの中から選りすぐった作品と、市内小中学校29校から寄せられた作品を併せて紹介します。
 風景画は、現実をそのまま写し取ったものから、その風景を見た印象を抽象的に描いたもの、はたまた自分だけの想像の世界まで様々です。洋画家・久野和洋は、ヨーロッパで見た夕景を巧みなグラデーションで表現しました。≪地の風景・陽の入る刻≫のシンプルでありながら丁寧に描かれた画面からは、この風景を目の当たりにした瞬間の感動が伝わってきます。
 様々に描かれた風景は、描いた人の目に、そして心にどれほど鮮烈な印象を与えたのでしょうか。作家たち、そして小中学生のみなさんの心を捉えた思い出の風景、空想のイメージの数々をご覧ください。

関連イベント

ワークショップ「あなたの心は何色?水彩で楽しく描いてみよう」
[日時]10月1日(日)13:00~15:00
[講師]近藤義行氏(形象派美術協会員)
[場所]市民ギャラリー創作実習室
[定員]15名
[料金]500円

 

伊藤文夫「枯れ木も山の賑い」
第73回安美展グリーンリボン賞受賞作品
洋画部門(アクリル画)
伊藤文夫「枯れ木も山の賑い」

安美展 作品募集要項

〔出品申込〕 平成29年9月20日(水)~9月30日(土)
〔申込方法〕 直接市民ギャラリーに申込書を持参、郵送するほか、FAX、インターネットからも申込みができます。

 詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.city.anjo.aichi.jp/tanoshimu/bunka/anbiten/anbiten-top.html