Welcome to the page in
Anjo city Museum of History.

安城市歴史博物館の施設を紹介します。

人面文土器


人面文土器

安城市歴史博物館で一番有名な収蔵品「人面文土器じんめんもんどき」。
常設展示では、この土器とその関連資料を紹介しています。

国指定重要文化財に指定されました。

発見

 この土器は安城市東町の亀塚遺跡から出土しました。昭和52年(1977)のことです。しかし発掘調査の時点では土まみれの破片で、そこに絵が描かれていることには誰も気がつきませんでした。「ただ者ではない」とわかったのは、もちかえった土器の破片を洗って整理している時のことでした。

人の顔

 描かれている絵はとてもはっきりとしたもので、人の顔とすぐにわかります。これはややたて長の丸い輪郭りんかくの中に、目や鼻、耳がそれらしい位置にしっかりと描かれているためでしょう。そうなると問題は、目の上下などにみられるたくさんの線のたばです。


人の顔イラスト
人の顔イラスト
一倉遺跡出土品
一倉遺跡出土品
東上条遺跡出土品
東上条遺跡出土品
仙遊遺跡出土品
仙遊遺跡出土品

入れ墨(いれずみ)

  亀塚遺跡の出土品は、その形などから弥生時代の終わり頃のものと判断できます。ちょうどこのころの日本の様子を記したのが有名な『魏志倭人伝ぎしわじんでん』ruby>という中国の記録です。この中に倭人わじん=このころの日本列島の住民は中国からはこのように呼ばれていた)の男子は顔や体に入れ墨をしていることがでてくるのです。そこでこの壺の顔は、『魏志倭人伝』に記された倭人の顔を描いている、と考えられるようになりました。

類例あらわれる

 人面文土器が全国に知られるようになると、すぐによく似た顔の例のあることがわかりました。岡山県総社市の一倉遺跡から出土した土器の顔です。また、安城市内でも上条町で中学生が採集した土器などのなかに、同様の顔の表現がある土製の球があることも報告されました。さらに香川県善通寺市の仙遊遺跡で出土した石棺に、たくさんの線にまじって、ほとんど同じ顔を描いたものもみつかりました。