展覧会

光の万華鏡
江村和彦「ロボット」
はじまりの門

市民ギャラリー企画展
光の切り絵展 ~いつもはじまり~

酒井敦美は、舞台美術として影絵(切り絵)の制作に取り組む中で、「切り絵」を光に透かす表現と出会ったことをきっかけに、「光の切り絵」作家として創作活動を続けています。
今回の展示では「いつもはじまり」というテーマのもと、高知和紙に切り絵を投影する「はじまりの門」、光の当たり方で見え方が変化する「一画二驚(いちがにきょう)」など、驚きとやさしさにあふれた切り絵作品をご覧いただきます。
ナイトミュージアム期間中の日没後には、市民ギャラリー館内や安祥城址公園に作品を投影する「幻灯空間」も開催します。



本展示は8月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、26日(金)~28日(日)は事前予約制となります。ご来館前日までに日時指定のWEB整理券をご予約下さい。(8月2日より予約開始)
8月26日(金)を除く平日は予約不要です。
なお、観覧料は当日受付にて現金でお支払いください。

詳しくはこちらをご覧ください。
※各日時に当日受付分を若干ご用意しますが混雑状況によってはお待ちいただいたり、入場いただけない場合がございます。


〔会   期〕2022年8月13日(土)~8月28日(日)
〔開館時間〕9:00〜17:00 ※入館は16:30まで
〔休 館 日〕月曜日
〔観 覧 料〕500円(中学生以下無料)
〔会   場〕 安城市民ギャラリー展示室 全室(ABCDE)

※8月26日(金)~28日(日)はナイトミュージアムを開催のため20:30まで開館延長。期間中は様々なイベントを行います。

  チラシダウンロードはこちらチラシ(pdfファイル)ダウンロードはこちら
福山すすむ
《砂丘の上の電雷》

市民ギャラリー収蔵品展
遥かなブルー

 これまで本市では、地元ゆかりの美術作家の作品を収集してきました。本展では、「青色」をテーマに、市民ギャラリーのコレクションの中から選りすぐった作品を紹介します。
 青色は、まだ芽生えたばかりの若さや、寂しさ・落ち込みなどの心の表現にも使われる不思議な色です。また、宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンによる人類初の有人宇宙飛行の際に生まれた「地球は青かった」という表現が今なお有名な言葉として人々の記憶に刻まれ続けていることは、大きな海と広い空に覆われたこの惑星(ほし)を彩る青色に、誰しもが雄大で広々としたイメージを想起させ、共感するからなのかもしれません。
 市民ギャラリーでは、初めて特定の「色」に焦点をあてて展示を行います。作家たちによって思い描かれたそれぞれの青は、作品に遠近や深みを与え、様々な物語を想像させます。暑い夏が過ぎゆく9月の秋空とともに、透徹とした青の世界をぜひお楽しみください。



〔会   期〕2022年9月14日(水)~9月25日(日)
〔開館時間〕9:00〜17:00 ※最終日は16:00まで
〔休 館 日〕月曜日  ※9月19日(月・祝)は開館
〔観 覧 料〕観覧無料
〔会   場〕安城市民ギャラリー展示室C
  チラシダウンロードはこちらチラシ(pdfファイル)ダウンロードはこちら