Welcome to the page in
Anjo city Museum of History.

安城市歴史博物館の施設を紹介します。

展覧会

企画展・特別展のご案内です。

開催中

怖~い浮世絵
怖~い浮世絵 チラシ

相馬の古内裏
歌川国芳「相馬の古内裏・滝夜叉姫と大骸骨」

百物語 小幡小平次
葛飾北斎「百物語 小幡小平次」

 [特別展]
  怖~い浮世絵

会期:令和4年7月16日(土) ~ 令和4年9月4日(日)
観覧料:一般600円・中学生以下無料
     [きもの・ゆかた割引]
     会期中、和装でご来館のお客様特別展観覧料100円割引
     ※他の割引券との併用はできません。
     便利な電子チケットも購入可能です。
     2022年6月1日(水)より電子チケットは販売開始。
     ➡電子チケットの購入はこちらをクリック

 江戸時代の終わりごろ、怪談ブームが巻き起こりました。 夜な夜な集まり怪談話をする「百物語」という遊びが流行し、怪談話の代表作である「皿屋敷」や「四ツ谷」が小説や歌舞伎の題材にもなるなど、人々の間で、幽霊や妖怪といった「怖いもの」に対する関心が高まりました。 また、庶民の娯楽である浮世絵にも幽霊や妖怪が描かれるようになり、浮世絵師たちはその豊かな想像力で、恐ろしくおどろおどろしい怪異たちの姿を次々と描き出しました。
 本展では、葛飾北斎や歌川豊国、国芳、月岡芳年など、各時代を代表する浮世絵師達が描いた作品を中心に、江戸時代後期から明治時代にかけて描かれた肉筆画もあわせて紹介します。 個性豊かな“お化け”たちが繰り広げる奇々怪々な世界をお楽しみください。

 
チラシダウンロードはこちらチラシ(pdfファイル)ダウンロードはこちら

➡特別展「怖~い浮世絵」特設サイトがオープン!こちらをクリック

 関連事業

◆記念講演会「浮世絵のなかの妖怪たち」
日時:7月17日(日)14:00~
講師:香川雅信氏(兵庫県立歴史博物館学芸課長)
定員:30名(先着)
参加費:無料
申込:6月26日(日)9:00~ 電話にて受付

※終了しました

◆関連イベント
「怖~い灯籠づくり」
日時:7月16日(土)~9月4日(日)9:00~16:00(※休館日を除く)
費用:200円(材料費)
定員:各日10個(先着順)
対象:特別展観覧者
申込:当日受付


「クイズラリー逃げたオバケを探せ」
日時:7月16日(土)~9月4日(日)9:00~15:30(※休館日を除く)
費用:1キット/100円 ※別途観覧料必要(中学生以下無料)


「怖~いおはなし会」
日時:7月30日(土)14:00~
出演:おはなしレストラン
費用:無料
定員:30名(先着順)
対象:小学生以上
申込:7月9日(土)9:00~電話にて受付

※終了しました

「怖~い落語会」
日時:9月3日(土)14:00~
出演:お好味家喜楽氏 前座:永頃亭夢雀氏
費用:無料
定員:30名(先着順)
対象:小学4年生以上
申込:8月13日(土)9:00~電話にて受付


「オリジナル風鈴づくり」
日時:8月6日(土)①10:00~ ②13:00~
費用:1個400円(材料費)
定員:各15名(先着順)
申込:7月17日(日)9:00~電話にて受付

※終了しました

「夏休み自由研究相談会」
日時:7月22日(金)・23日(土)・24日(日)各日10:00~15:00
対象:小学3年生から中学3年生まで
申込:7月9日(土)9:00~電話にて受付
※希望日時、調べたいテーマをお知らせください
※相談会の枠が空いている場合、当日受付可

※終了しました

「ナイトミュージアム」
日時:8月26日(土)~28日(土)20:30まで開館延長 ※入館は20:00まで
場所:安城市歴史博物館、安城市民ギャラリー


「さとのマルシェ」
日時:7月16日(土)10:00~15:00
協力:office JAPANICATION
会場:安祥城址公園


     


次回の展示

養生から健康へ
養生から健康へ チラシ

相馬の古内裏
「飲食養生鑑」(本館蔵)

 [安城市制施行70周年記念特別展]
  養生から健康へ

会期:令和4年9月23日(金・祝) ~ 令和4年11月6日(日)
観覧料:一般500円・中学生以下無料
     便利な電子チケットも購入可能です。
     2022年9月1日(木)より電子チケットは販売開始。
     ➡電子チケットの購入はこちらをクリック

 令和4年(2022)に市制施行70周年を迎えた安城市では、「市民一人ひとりが生活の豊かさとともに幸せを実感できるまち」を基本理念とし、豊かさと幸せを実感できる五つの要素のうち特に健康を軸に据えた「幸せつながる健康都市 安城」の実現を目指しています。
 現在「身体に悪いところがなく心身が健やかなこと」を示す「健康」という言葉は、明治期以降に広まったとされています。古代から江戸時代の日本では、中国から伝わった「養生」という言葉が、いのちを養うこと、健康法のような意味で用いられてきました。
 その後幕末以降西洋文化が流入する中で「健康」という概念が誕生します。戦時下において国家主導により奨励された健康な身体づくりは、戦後、様々な健康施策にも影響を与えました。
 本展では、古代から近代以降までの日本人の健康観の変遷を、文書や浮世絵に加え、徳川家康など著名人の健康にまつわるエピソードを交えて紹介します。

 
チラシダウンロードはこちらチラシ(pdfファイル)ダウンロードはこちら


 関連事業

◆記念講演会「健康の社会史」
日時:10月1日(土)14:00~
講師:新村 拓氏(北里大学名誉教授)
定員:40名(先着)
参加費:無料
申込:9月10日(土)9:00~ 電話にて受付


記念講演会「健康と病気を人骨から探る」
日時:10月2日(日)14:00~
講師:谷畑 美帆氏(明治大学講師)
定員:40名(先着)
参加費:無料
申込:9月11日(日)9:00~ 電話にて受付


◆歴博講座「養生・健康観の変遷」
日時:10月15日(土)14:00~
講師:西島 庸介(本館学芸員)
定員:40名(先着)
参加費:無料
申込:9月24日(土)9:00~ 電話にて受付


◆関連イベント
「疫病退散!疱瘡絵づくり」
日時:9月23日(金・祝)~11月6日(日)9:00~16:00(※休館日を除く)
費用:無料
対象:特別展観覧者


「食で健康!親子で学ぶ健康料理教室」
日時:9月24日(土)10:00~12:00
講師:杉浦 ひろ子氏(安城エプロン会)
定員:5組10名(先着順)
対象:小学生以上の親子
参加費:1組600円
申込:9月3日(土)9:00~ 電話にて受付
協賛:住友生命保険相互会社 愛知東支社 刈谷西北支部


「お寺を巡って健康祈願!博物館周辺お寺ウォーキング
日時:10月30日(日)10:00~12:00
費用:1000円(御朱印代、特別展観覧料含む)
定員:15名(先着順)
申込:10月2日(日)9:00~電話にて受付
協賛:住友生命保険相互会社 愛知東支社 刈谷西北支部


◆展示解説
日時:10月9日(日)14:00~ 10月20日(木)14:00~ 11月6日(日)10:00~